CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
チェコvsノルウェー(W杯プレーオフ2ndレグ)
 ようやく。やっと。苦しんで苦しんで苦しみぬいて、
 チェコがW杯初出場を決めました。おめでとう。
 試合はチェコのホーム、前回のビーチサッカーもどきとは違う素晴らしいピッチ、なのに、何だか動きの硬いチェコは、開始早々からノルウェーの早い寄せとロングボールに苦しめられっ放し。あのひどいピッチでもそれほどパスミスをしなかったチェコの面々が、微妙にずれたパスを連発、早い攻めは潰すわ自陣でパスを掻っ攫われるわでもう大変。
 これが緊張ってヤツか、と、観戦しながらすっかり感情移入していた俺は独り納得するのでした。
 それでも、まあこの辺が自分の国か応援してる国かの違いなのか、それとも選手一人一人のスキルが申し分ないからなのか、イライラはしなかったなあ。徐々にフィットしてきたチェコがチャンスを作るたび、俺は腰を浮かせて口開けてボールの行方を一心に追ってました。
 そういえばブリュックナー監督の憤慨も、この試合では少なかった気が。オシムとよく似た彼の仕種は、ユーロ2004直前のナンバーの記事で彼のことを読んで以来、画面に映るたびに思わず注視してしまいます。でっかくてかっこいいおっさん。自分が(背も人間も)ちっちゃいんで、ああいうでかい人に憧れるのよ。でかくなりたいなあ。
 試合は結局、ロシツキの1点を守りきったチェコが、2戦合計2−0で見事W杯初出場(チェコ共和国としては)を決めました。ナビスコ杯優勝のときオシムが断った胴上げも、昨日のチェコの面々はやってましたよ。日本以外でもやるんだね胴上げって。あのでっかいブリュックナーが10回くらい宙に舞って、何かじーんときた俺でした。松葉杖も痛々しいヤン・コラーの、あの嬉しそうな顔といったら!
 プレーオフのあと2試合、まだ見てないんだ俺。スペインはまあ大丈夫だろうけど、スイスとトルコはどうしたかなあ。あっ、言うなよっ! これから見るんだからっ!
| サッカー | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本vsアンゴラ(キリンチャレンジカップ2005)
 誤解のないように言っておくと、俺は日本代表が大好きです。中村俊輔の閃きと中田英寿の強さが好きです。川口能活の暑苦しいまでの情熱と爽やかな笑顔、中澤のクールさと宮本のインテリジェンス、ごくたまに覚醒する加地さんも大好きです。
 それを踏まえて、今日の試合の評価ですが、
 勝ったんで、「最悪の一歩手前」。この時期の親善試合で、未知の国が相手で、そこの雰囲気をほんの少しは探れた、という成果を考えても、最後の最後に松井が点取ってなきゃ引き分けてた、というあたりで、最悪に近いけど最悪ではない、程度の評価です。
 何故か。
 最近続けてバルサとかユーヴェとかそのあたりの、言ってみれば世界最高レベルのサッカーを見てしまっていたせいなんだろうけど、今日の日本代表のプレイはあまりにも軽過ぎる。トラップが下手糞なのはいつも見せられる寂しい光景ですけど、その後のパス、特に自陣で回すパスのスピードが、あまりにも遅過ぎる。DFとボランチの間で交わされるパスは、あるいはスピード、あるいはコースで、できる限りリスクを負わない選択肢を考えるものだと思うんだけど、それがまるでできていない。中田、あるいは三都主から上がってきたDFに預けるパスの精度とスピードが、本当にひどかった。あんなんで通用するんなら、プレミアリーグってのはあんましレベル高くねえなあ。そうでなきゃ、中田が代表戦をなめてるのか。あるいは疲れとかそういう理由でレベルが落ちてるのか。何しろひどかった。
 中村俊輔も、今日はあんまりよくなかったなあ。さすがにキープはうまいんだけど、それも後半に入ると結構取られまくってたし。駒野がまあまあがんばってたのに、あんまし生かせてなかった。上がるタイミングはまだお互いに掴んでないと見えて、ちぐはぐなところが見え隠れ。これは控えとしてはやむを得ないのかな。加地さんの復活が待たれるところだよ。それと、中田と同じ、パスの迂闊さ。おかしいなあ。こんなパスを出しまくる選手じゃなかったはずなんだけど。
 そして本日の戦犯(いや負けてないけど)は、もちろん、FWのお二人。高原と柳沢です。
 俺からは一言。やめちまえ。
 あんだけ外す、あるいはあんだけシュート打たない、FWなんて要らんだろ実際。
 今日は個別採点もする気がなくなったので省略します。松井を先発させないジーコにもうんざりだけど、まあ3バックだったしなあ。稲本はいつになったらまともな守備をするようになるのか。
 忙しい思いして、何とか時間空けて見たのに、何かがっかりだわ。
 ベスト4? 笑わせないでください。
 とりあえず、予選突破できるかどうかの問題だろって。
| サッカー | 23:16 | comments(0) | trackbacks(3) |
スイスvsトルコ(W杯プレーオフ1stレグ)
 今朝のニュースでさんざんやってたみたいだよね。始まった瞬間にテレビを消してしばらくガマン、みたいなことを繰り返して、でもスペインvsスロバキアは圧勝だったせいか結果ばっかり先に出てきたんで見る羽目になって、せっかく録画してあるのもあんまし見る気がしないなあ。
 つー訳で、楽しみにしていたチェコ戦は無事観戦できたので、今度は「どっちに転ぶか判らない」的な興味がいちばん高いカード、スイスvsトルコ。トルコのサッカーは好きなんだけど、まあ2002で痛い目にあったんであんまり好きじゃないし、トルコの言葉を話せないトルコ代表なんてのもいるそうなので、その辺もあんまし好きじゃないんだよなあ。贔屓があった訳じゃないんだけど、そういう訳で、どっちかといえばスイス側に立って見てました。スイスホームの試合だったのと、スイスが素晴らしい試合をしてくれたんで、随分楽しめましたよ。逆に、トルコはあんだけ凄いプレイヤーが集まってるのに、どうしてもうまくいってない印象が。結局後半終了間際にも余計な失点をして、2−0でスイスの勝利です。トルコはかなり苦しくなったなあ。2−0で勝って初めて延長戦だからねえ。
 それにしても、スイスってユニがかっこよくて羨ましい。プーマはかっこいいなあ。アンブロとプーマがいいよね。アディダスは突飛過ぎるし、ナイキは丸数字(笑)だし。日本代表の新ユニも、うーん、あれは困っちゃったよ実際。買えないよなああのデザインは。うーん。アンゴラ戦で見極めなきゃね。
| サッカー | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ノルウェーvsチェコ(W杯プレーオフ1stレグ)
 ホントは朝一番で見ようと思ってたんだけど、昨日夜更かししてたんで寝過ごして、んで一日出かけてたのでさっきようやく見られました。待ちに待ったネドベドの復帰。ロシツキとのコンビがまた見られる! 他国の代表戦なのに、何だろうこの幸福感は。
 何よりまず特筆すべきは、ホームであるノルウェーが用意した舞台、このスタジアムのあまりのひどさ。カメラから見て奥側のサイドの数メートルだけはまあましな芝生の色に見えるんだけど、それ以外は灰色、砂に埋もれたピッチ。走ることさえままならない、実況のアナウンサーが「ドリブル、あっとそこはだめだビーチサッカー、踏ん張ることができない、」なんてさらっと言ってしまうような、とにかく凄まじいピッチ。
 その中でも、開始数分でフィットしてしまうネドベドの強さですよ。これこそ日本が求めてやまない強さ。かつてサンドゥニでフランスに虐殺された日本代表でただ独り、それこそ文字どおり孤軍奮闘していた中田英寿の姿と、金髪振り乱しピッチを縦横無尽に走り回るネドベドの姿が、何度もダブって見えましたよ俺には。彼がチェコの代表にいないことなど考えられない。やっぱりドイツには彼の姿がほしい。
 それと右サイドのポボルスキ。ベテランの味を随所に見せてスパイスの効いた上がり、頼もしいディフェンス。チェコで情けなかったのは先発FWのミラン・バロシュくらいですね。どこぞの日本代表FWのような、動き出しはいいんだけどフィニッシュに精度を欠く、つーあたりが。もう涙なしには見られない。コラーの怪我がこんなに痛いとは。
 試合は1−0でチェコの勝利。残ったのはチェコがホームの試合で、ここまでひどいピッチでさえパスゲームを披露する彼らですから、ロングボールとカウンター以外に戦う術を持たないノルウェーにはもはや勝ち目はありません。ご愁傷様。
| サッカー | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユベントスvsバイエルン・ミュンヘン(チャンピオンズリーグGL第3節)
 なかなか暇がなくて見られなかった。さっきようやく見終わりましたよ。
 うーん。ズラタンの退場とかカモラネージの超不調とか、悲しいことが多い試合だったなあ。バラックも何だか消えてる瞬間が多かったし。ダイスラーが目立つのは嬉しいけど、それがバラックの不調ゆえだとちと寂しい。
 ネドベドがどうやらトップフォームに戻ってたのが判って、だいぶ安心しました。何しろこれから、ノルウェーとのプレーオフで頑張ってもらわなきゃならない訳ですから。やっぱりチェコ代表にネドベドは必要だと思う。ブリュックナーの発言も、まあオシムとかと同じで「素直じゃないから」ってことに尽きると思うし。あれだけの選手が要らない監督なんていませんて。ましてそれが、出場できるかどうかの瀬戸際にあるチームを救えるかも知れないとしたら。ロシツキだって許してくれるよ。
 ああ。ついつい話題がチェコネタになっちゃう。去年のユーロでオランダとチェコをずっと応援してた者としては、オランダがW杯出場を決めた今、後はチェコが出てこないと始まらない、つー気分なんですよええ。
 あ、ユーべの試合はですね、キレキレのトレゼゲが2ゴール決めて勝ちました。まあユーべがこんなとこで消えてもつまらんので、順当つーことで。しかしどうしたバイエルン。
| サッカー | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
バルセロナvsパナシナイコス(チャンピオンズリーグ第4節)
 何日か前の試合で、次の日には見たんだけど、記事にしてなかった。直前のリーガの試合と、本質的には変わらなかったからです。今からこんなに飛ばしてて大丈夫なのかバルサっ!? って感じの、まさに圧勝でした。
 デコの怪我からこっち、もっとフィットに時間がかかると思われたファン・ボメルは綺麗にフィットしてるし、シャビのピボーテも堂に入ってるし、モッタまで帰ってきて、何だか不安でしょうがないや。どこかで歯車がずれるんじゃないか、とか、例えばプジョルとかが大怪我しちまうんじゃないか、とか。逆に言えば、それさえなければ、これからしばらく、もしかしたら今シーズンが終わるまで、バルサは負けそうにありません。
 この試合は開始39秒でファン・ボメルがイニエスタの絶妙なパスをループでゴールに放り込んでから、とにかく押しっぱなし。前半で4−0。後半1点しか取れなかったのは、まあいろいろと試してたからかなあ。イニエスタも50分くらいで下げてたし。ここ2試合、マルケスが使われてないけど、確か軽い怪我をしてるからでしょ。後ろに不安はあるけど、少なくとも前の6人については、結構2交代制くらいでできるメンツがそろってますね。1トップにエトー、ラーション、マクシ・ロペス。左と右のウィングにはロナウジーニョ、ジュリ、メッシ、イニエスタもいけるし、エスケーロもいる。その後ろの左右にはイニエスタ、ファン・ボメル、シャビもOK。ピボーテにはシャビはじめ、マルケス、モッタ、エジミウソン。後ろがちょっとなあ。プジョルには替えがいないし。
 ま、いい時に不安になるのが正しいバルササポだと思うので、不安なまま6月まで行ってくれることを期待してますよ。
| サッカー | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジェフユナイテッド千葉vsガンバ大阪(ナビスコカップ決勝)
 カップ戦には延長があったりPK戦があったりします。
 そんな当たり前のことを、録画予約する時の俺はいつも忘れていたりします。
 今回ほど己の愚かさを恨んだことはありません。今期のベストバウト、レフェリングの質からも本当に素晴らしい試合だったのに、俺はそいつを延長前半5分までしか見られませんでした。
 もっと間抜けなことに、夜のニュースは寝過ごして見られませんでした。メディアに露出し慣れてない連中が何やらかすか、楽しみだったのに。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
 いやホントに素晴らしい試合でした。つまらないファールはないし、情けないレフェリングはないし、だれてるヤツもいないし。技術的なことならいくつか出てくるんでしょうけど、そういう高いレベルは今後、日本のサッカーがじわじわと日本人の血肉に溶け込んでいって初めて上がってくるものだろうなあ、と。今すぐ見たけりゃ、例えばバルサの試合でも見てれば、技術的な頂点はこういうふうになってるよ、てのが判るんで、それはそれで面白いです。でもやっぱり、日本人の俺としては、日本人の選手が力の限りを尽くす試合も見たい訳で。
 ジェフの両サイド上がりまくりと、ガンバの前線3人の(大黒もフィニッシュ以外は最近の不調を感じさせない出来でした)カウンターから一気呵成の怒涛の攻撃。まあ言ってみれば、中盤の押し合い圧し合いがあんまり目立たないので、双方とも自分たちのいちばんいい部分を前面に出すことで、頂点を目指していたなあ、と思います。中盤が別にサボっていた訳じゃなくて、例えばジェフの阿部は気の利いた守備をするし、ガンバの橋本は獅子奮迅の活躍を見せるし、シジクレイは振り返れば必ずいるし(笑)、0−0が全く気にならない、素晴らしい試合でした。
 巻の89分のゴール(ファール判定)も、まあやむを得ないと思います。不思議なもので、タイトル童貞のこの2チームがやっていると、どうしてもジェフの味方をしちゃうんですよね。ガンバのが人気あるからかなあ。大黒だって遠藤だって宮本だって嫌いじゃないし、前線3人の攻め方もバルサっぽくて好きなんだけど、でもジェフのが好きなんだよなあ。
 遠藤がいまいち調子悪そうだったのが気になります。代表でも、せっかく呼ばれてもあんな稲本やら中蛸やらを優先されて、腐らないでやってるだけでも尊敬に値する選手なんだよね遠藤って。いつもはもっと気の利いたポジショニングなんだけど、昨日は消えてたなあ。聞けば、PK失敗も遠藤だっていうし。リーグ戦でもう一度、ベストフォームを取り戻してくれることを期待します。
| サッカー | 10:26 | comments(0) | trackbacks(3) |
バルセロナvsレアル・ソシエダ(リーガ・エスパニョーラ)
 昨夜も録画したヤツを見たんだけど、後半途中で寝ちゃって、気がついたら試合が終わってたんで。さっき、後半だけ見直してきました。いやあ、バルサ圧勝だわ。すげえや。
 前の試合でデコとベレッチが怪我をして、特にデコには代わりがいないってことで、この試合は結構注目されてたみたいです。フォーメーションはおなじみ3−3−4で、中盤のトライアングルは前にイニエスタとファン・ボメル、底にシャビ。イニエスタは久々のスタメンだなあ。メッシが出てきて、ファン・ボメルが来たもんで、出番が極端に減ってたから、実はデコの怪我も彼には朗報だったのかも。
 このイニエスタ、結論から言うと、非常にいい出来でした。試合は結局5−0で、ロナウジーニョが爆発して2ゴール、プジョルやら終盤交代出場のラーションやらも得点してお祭り騒ぎだったんだけど、それもこれも、イニエスタが中盤を制圧していたから。キレやスピードで勝負するタイプでは決してないんだけど、ぬるぬるした(ごめん)ドリブルでするする抜いていって、ラストパスをふんわり送ってきてくれる、というイメージですねえ。うまいこと捕まえとかないと、出場機会を求めるとか何とか言って出て行かれちゃいますんで気をつけようね。多分5年後のバルサの主力は、イニエスタとメッシですよ。ペップの再来、とも違うかも知れないけど、生え抜きってことで言えば、シャビとかプジョルも含めて、あと10年は安泰かも。凄いなあ。
| サッカー | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
鹿島アントラーズvsセレッソ大阪(Jリーグ)
 昨日見てちょっと癖になったもので、ガンバ大阪でも見ようと思ったら、NHKのBS1でやってたのはセレッソの方でした。某6倍満も見てるんだろか。
 ジーコの昔から、実は鹿島アントラーズが大嫌いです。A代表がずらずらいることもそうだけど、いる選手がどうも嫌いです。小笠原も本山も嫌いです。秋田も嫌いでした。奈良橋も今ひとつ。相馬だけは結構好きだったんだけど、今は川崎だかどっかに行っちゃったし。あ、そうそう、中田浩二もここだったっけね。高校サッカーで素質のある選手をかっさらっていって、腐らせてる、ってイメージしかないや。どうもここに行くと大成できないって感じ。ああやだ。
 ガンバがFC東京にまさかの敗戦、0−0で迎えた後半ロスタイムのコーナーキック、でも小笠原はのっさりのっさり。ああむかつく。大っ嫌い。
 実は開始時間に間に合わなくて、しっかり見られたのは後半だけだけど、セレッソの方がよっぽど楽しいサッカーをやってましたよ実際。西澤のイエローは、2枚目は間違いなく誤審。森島もがんばってたなあ。黒部はいつの間にか劣化しちゃったねえ。あんなんじゃ代表どころかレギュラーにも程遠いや。あんなフリーのヘッドを事も無げに外しやがって。
 日本人はトラップが苦手なのがよーく判りました。
 みんな、トラップとシュート練習やろうぜ。パスはもういいから。
| サッカー | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジェフユナイテッド千葉vs大分トリニータ(Jリーグ)
 Jリーグはあんまり見てないんだけど、たまたま今日は風邪ひいてて外に出る気力もないし、薬で頭がふらふらになってて細かい作業もしたくなかったので、とりあえずテレビをつけてみたらやってた、という、非常に消極的な理由で見ることになったカード。
 これが面白かった。なめちゃいけないよね、Jリーグ。
 こないだ、ちらっと見たJリーグの試合がホントにひどくて、あんまりにも悲しくなったのでしばらくは見るのやめようと思ってたんだけど、今日のこの試合で考えを改めました。
 ジェフの試合なら見ようかなあ。
 両チームでA代表は選出されるギリギリの線にいる阿部勇樹だけ、昔の名前で出ています系の選手はまあぼちぼちいる、くらいのメンツだけど、チームの戦術とか目指すものが本当にはっきりしていて、いやあ気持ちよかったわあ。ほめ過ぎかもしれないけど、ジェフの目指してる「動いてつないでたまに大きくサイドチェンジ」っての、バルサとかああいうリーガ・エスパニョーラの強豪がやってるものに通じる気がしますよ。各個人の能力は確かにはっきりと落ちるんだけど、それはまあご愛嬌ってことで。
 巻が相変わらず弱弱しいのと、高松が相変わらずもっさりしてるのが微笑ましかったり。
 大分の松橋、って確か、大久保と同期の、足が滅法速かったヤツだよねえ。あんまり伸びてないのかなあ。
 大分のCB福元ってのは気になりました。まだ高校3年生だそうだけど、いいセンスしてるし、うまくやりゃ伸びるんじゃないかしら。松田より頭よさそうだし。
 試合は佐藤勇人の終盤のゴールで1−0。
 面白かったあ。
| サッカー | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>