CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
チェルシーvsバルセロナ(CL・1stレグ)
 10日ぶりの更新ですね。お久し振りですお元気ですか。
 そういえばさっき、川嶋教授には「二週間ぶりですね」と言われちゃいました。継続は力なりと申しますが、さしづめ今の私は力なく横たわる嬰児のような状態でしょうか。やる気出さなきゃなあ。
 とうとう始まりましたチャンピオンズリーグ。トーナメント方式の決勝リーグは、最強と謳われた去年のバルサがあろうことか初戦で敗退を余儀なくされた、まさに鬼門中の鬼門。直前のベティス戦に勝ったとはいえ、その前のアトレティコ・マドリード、バレンシアと苦手どころに連敗を喫し、いよいよシャビの不在が響いてきたかと思わせる下り坂のバルサが、奇しくも昨年と同じ組み合わせでプレミア・リーグのチャンピオンと相まみえる構図であります。
 ここのところの右FWレギュラーはメッシ。真ん中のエトーと左のガウショはいつものとおり。デコと組むシャビの代役は、ケガから復活してきたモッタ。中盤の底にエジミウソン、マルケスがプジョルとCBに入り、好調のオレゲールは右SBを受け持ちます。左SBはジオ。GKは不動の「脳味噌まで反射神経」ビクトール・バルデス。今日はポカやんなよぉ。
 鬼ポゼッションのバルサと一発カウンターのチェルシー、構図は予想どおりです。ガウショとエトーはボールを持つたびに3人がかりで潰されて前を向けない焦れったい展開ですが、メッシだけは何故かするりと抜けていきます。対応するデル・オルノは見事なまでにチンチンにやられて見るも無残な有様。対するバルサも、気の利いた守備とカバーリング、機を見るに敏な上がりまでは素晴らしい出来のオレゲールが、どうしてもロッベンだけは止められずに再三ラインを突破されて、見ているこちらにたっぷりと冷や汗をかかせてくれます。すげえなあロッベン。今年のW杯のオランダ代表は楽しみでしょうがない。ユーロ2004のPK戦には涙したものだけど、それ以上のドラマがありそうな。
 おっと話が逸れました。何度かの綱引きのあと、「それ」は起こるべくして起こりました。メッシの突破にチンチンにされたチェルシーDF陣が乱れ、デル・オルノが強烈なショルダー・アタックをメッシにかましてしまい、一発レッドで退場。チェルシーのホームなのに。まあ直前の膝上スパイクでもイエロー出しそびれた主審の罪滅ぼしでしょうか。これで11対10。俄然有利な状況になったところで前半終了。
 後半戦、怒涛の攻めを見せるバルサを、一人少ないチェルシーが必死に守ります。時折見せるカウンター攻撃で、なんとその不利だったチェルシーが、セットプレイから得点。
 正直、その瞬間に勝利を諦めている俺がいました。GKツェフの神がかったセーブが続いている今、バルサがここから2点も取れるとは思えない。何しろここはチェルシーのホーム、芋畑のようにぬかるんでほとんど芝がないひどいコンディション、パスサッカーを殺すためにこいつらはこんなことまでするのかって感じで呆れ果てていた訳ですが、そこまでやるからこそチェルシー、そこまでやるからこそモウリーニョなんだろうなあ。
 と思ったら、おんなじようなセットプレイで、おんなじような点の取り方で、バルサが追いついたんですよ先生(誰だそれ)。カミさんが寝込んでいたもんで、子供2人と見ていた訳ですが(もちろん録画をね)、手ぇ取り合って大喜びしちゃったもん。ちなみに子供たちは父の影響を色濃く受け継いで、ほとんどの選手名を言えてしまうほどバルサに染まってます。ユニも持ってるし。
 さて、このセットプレイの前に、ライカールトはチームを攻めに転じました。モッタに代えてラーション。前線で献身的に動き回る彼と、真ん中から左気味にポジションを移したエトー、そのすぐ後ろで隙をうかがうガウショ、さらにそのすぐ後ろでチームを操るデコ。メッシはドリブルでDFラインを切り裂きまくるし、もう俄然楽しくなってきたところで、最後尾から上がってきたマルケスの絶妙なクロスに、超人的な身体能力で飛び込んだエトーのヘディングがネットを揺らします。バルサ奇跡(俺にとっては、ですが)の勝ち越し!
 終盤、何故かデコがイニエスタと交代させられましたが、とりあえずこともなく試合終了。いやあ素晴らしい試合です。アウェーゴール2倍方式だから、実質、4−1という状況。チェルシーに2点取られなければ、勝ち抜ける訳ですよ。ああ嬉しい。去年はあんまりにもさっさと負けてしまったんで、今年はしばらく楽しみたいなあ。今度はちゃんと朝起きて観るからさ。
| サッカー | 22:49 | comments(0) | trackbacks(2) |
バレンシアvsバルセロナ(リーガ・エスパニョーラ)
 何だか久し振りにサッカーのネタで書くねえ。別にずっと見てなかった訳じゃないんだけど、「買いすぎ」ネタ以外のネタばっかで疲れた、ってのがあって。
 この前の週、大の苦手のアトレチコ・マドリードに負け、リーガの連勝もストップしてしまったバルサ。しかもこの試合、ロナウジーニョは出場停止、デコはケガ、メッシは、何でだか知らないけどベンチにも入ってなかったなあ。カメルーンのアフリカ選手権敗退を受けてエトーが戻ってきたけど、後のメンツがちょっと頼りない。エスケーロの先発って、おいおい大丈夫なの、って感じだし。右のジュリも前半終了間際にケガで交代。イニエスタが攻守に走り回ってたけど、さすがに後半真ん中以降はバテてたなあ。
 試合は例の如く、鬼のようなポゼッションのバルサと、その隙を狙って裏を採りに行くバレンシアのFW、という構図で進みます。絶好調の上に成長著しいアイマール、エトーに次いでリーガ14ゴールをあげているビジャ、リーガ屈指のボランチコンビのアルベルダとバラハ、さらにゴールをカニサレスががっちり守る、という陣容のバレンシアは、ポゼッションこそ低いものの、終始バルサを守勢に追い込み、変幻自在なはずのバルサの攻めは決め手を欠く有様。
遂には前半終了間際、守護神ビクトール・バルデスのあり得ないミスから、痛恨の失点。あーあやっちゃった、というヤツですね。いつも思うんだけど、このキーパー、運動能力は凄いし反応も凄いんだけど、どうも頭悪そうなんだよねえ。
 後半も、同じような展開が続いて、結局攻めきれなかったバルサが痛い連敗を喫した、という試合。
 これで1位バルサと2位バレンシアの勝ち点差は6。ひょっとするとひょっとするかも、というところですねえ。チャンピオンズリーグはまたもやチェルシーだし、大丈夫なのかバルサ!?
| サッカー | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
サンパウロvsリバプール(トヨタカップ)
 いやあ、サッカーって、本っっ当に面白いものですね(淀川長治風に)。6大陸だの地球一だのほざいても、所詮今のレベルじゃこの組み合わせが決勝になるのが当然の帰結である訳で。
 ヨーロッパサッカーを追っかけてる身からすると、ここはリバプールを応援すべきなんだろうなあ、なんて考えつつも、始まってしまえばショートパスをつなぐチームに肩入れしてしまうのがバルサヲタの悲しい習性。バロシュが消えてモリエンテスがフィットし始め、得点の匂いは去年のチームよりよっぽど濃いのに、フィニッシュの精度がどうしようもなく低い。プレミアのリバポを自ら体現するような無残さ。ジェラードって実はあまり好きではないんだけど、さすがにあの出来だと、かわいそうになって応援しちゃいましたよ俺は。キープできないし攻め上がれない、何だかホントに中途半端なポジショニング。サンパウロのプレスが思った以上に早くて困ったのかもしれないけど、それにしてもあれじゃあW杯が心配です。南米系の国にけちょんけちょんにやられそうだよ。
 しっかし、ホントに入らなかったなあ。日本代表を見るような、フィニッシュでの決定力不足。ジェラードのミドルも不発、モリエンテスは動きだけ、ルイス・ガルシアのヘッドもだめ、キューエルはそもそも決定力がない、となると、最初からクラウチを出しとかなかったベニテス采配に疑問が残るなあ。リーセも先発させるべきだったんじゃないか、とか。クロスがんがん、ピンポイントでぼんぼん、って単純なサッカーにすべきだったんじゃないでしょうか。
 キューエルの動きがよかったのが、来年のW杯第1戦でオーストラリアに相まみえる日本としては心配なんだよね。左のFWだろうから、加地さんと宮本で止めなきゃならない。ヴィドゥカは中澤が独りで何とかするのかなあ。うーん。ムリだよなあ。
| サッカー | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
シドニーFCvsデポルティボ・サプリサ(トヨタカップ1回戦)
 えー、私、昭和42年生まれです。スポーツ選手で自分より年上の人間を見かけることが、最近めっきり減りました。子供のサッカーチームの「親子サッカー」でサイドを駆け上がってみて、自分の体力の限界がいかに低いところまで落ちてきているのかを実感しました。
 同い年にはゴン中山が数少ない現役で残っていて、何とかもう少し続けてくれればと思ってます。最近見ない野球でも、清原桑田は同い年だねえ。そらあちこち痛むって。
 さて。そういう齢の俺は、ドーハの中継で夜中に号泣したクチです。今の代表はみんな年下です。フランスの岡田の冷酷に、うなずきながらもため息をついた世代です。今になって、あの時彼にフランスのピッチを踏ませる訳にはいかなかったんだろうかとふと思ったりもします。置いてきた魂の大きさと重さに愕然としてみたり。
 たとえ広告会社とテレビ局の客寄せパンダとしての出場であったとしても、それが彼の輝きを削り取ることはありません。いまさら滑稽な、と笑わば笑え。38歳の今でもまだ、彼は舞台の中央から身を退こうなどとはこれっぽっちも考えていないんです。
 それが、カズ。
 70年の歴史を持つコスタリカの名門を相手に、今年5月に発足したばかりの弱小クラブがどんな戦いを見せられるのか。メディアがほとんどそこに言及していなかったのはつまり、そんなことはもうはなっから判りきっていたから、だと思いました。試合を見るにつれて、その考えがやはり間違っていなかったことが確信できます。かつてマンチェスター・ユナイテッドの前線に君臨したヨークがボランチを務め、Jリーグの下位チームと見まごうような寄せの遅さとパスの不正確さ、それでも情熱だけは人一倍、というそのチームに、カズは似つかわしくもあり、不釣合いでもありました。
 それでもカメラは、執拗なほどにカズを追いかけます。
 彼は黙々と、彼が今できる最高のプレイを目指して、前線に張り、あるいは中盤まで戻って守備に勤しみます。
 始まる前までは、例えばこの試合でもしかしたらカズがハットトリックを演じてしまって、それが元でチームが勝利を収め、カズが代表に復帰、フランスに置いてきた魂をドイツのピッチで拾い上げる、なんて光景を夢見たりもしました。
 試合は淡々と進み、シドニーFCは敗れました。
 カズがゴールネットを揺らすことはありませんでした。
 動きがよかったのか、そうでもなかったのか、実は俺にはよく判りません。自分より年上の彼がピッチを走り回り、ふと疲れた表情を浮かべ、それでも休まずまた走る、その姿をずっと追っていただけで、それ以上のものを見て取ることができなくなっていました。
 多分、代表復帰は夢のままで終わるんだろうなあ、などと考えながら、それでも、ジーコが最後の代表を発表するまで、彼は自分がもう一度代表のユニフォームを纏うことを諦めないのだと思います。それがカズなのだと思います。
 俺、カズが代表に選ばれてピッチに登場して(それが負けの決まった最後の瞬間のごくわずかな時間だけでも)、多分芝生に手をついて祈りを捧げる、なんてことをさらっとやってみせたら、号泣すると思います。間違いなく、泣きます。
 泣きたいなあ。
 ジーコぉ。
| サッカー | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビジャレアルvsバルセロナ(リーガ・エスパニョーラ)
 ようやく見られました。なんか忙しいよね12月って。師でもないのに走り回ってるなあ。ウディネ戦も録ったまま放ってあるし。あ、もうセビージャ戦まで2日だあ。
 シャビの怪我のあと初めての試合で、以前モッタが大怪我した時にそうだったように、「シャビがんばれ!」とカタルーニャ語で書かれたTシャツを着て入場するバルサの面々です。絵的には美しいけど、その心情も美しいけど、何だかやりきれない。何だって毎年、シーズンの半ばに達する前に、こんな大怪我をする選手が出てしまうんだろう。つくづく、サッカーってのは本当に激しいスポーツなんだと実感します。そーいや俺もこないだの親子サッカーで、さんざん走り回った挙句、ひどい筋肉痛に悩まされました。これは怪我じゃないよね。失礼いたしました。
 試合は久々に、緊迫した展開です。それもそのはず、ビジャレアルには去年勝ててないし、このエル・マドリガルってスタジアムじゃバルサはまるっきりだめだめらしいですねえ。ビジャレアルの中盤のプレスも素晴らしいし、サイドに開いてすばやく入ってくるクロスも精度が高い。何より選手。リケルメはここで生き返ったなあ。走り込みといいラストパスといいFKといい、申し分ない。
 試合はビジャレアル・ペーニャの独壇場でした。オウンゴール2つ(ひとつはデコのゴール扱いだけど)。まあ運が悪かっただけだね。完全に崩された負けではないあたり、今シーズンのバルサに対抗できるのはこのチームくらいだと実感させられるけど、でもやっぱり負けちゃった。バルサの公式戦9連勝はやっぱり神がかってるねえ。
 「軽くヤバい」(たまには流行り言葉も使いたいのでw)のは、中盤の選手がまた独り欠けてしまったこと。去年に続いて、またもやモッタがっ!! どの程度の怪我なのか、情報が見つからないんだけど、あんまり軽くは見えなかったなあ。CL決勝トーナメントに間に合うんだろか。それに加えて、デコがイエローもらって、次節は累積4枚で出場停止。マルケスがイエロー2枚で退場、やっぱり次節は出場停止。確か、まだファン・ボメルの怪我も完全には癒えていないはず。
 だとすれば、中盤の3人はどーすんのっ!?
 エジミウソンはまだ大丈夫か。
 イニエスタは健在。
 後は・・・ガブリ?
 エスケーロって中盤できたっけ?
 ここで「小野採れっ!」って叫べないあたり、寂しいなあ。
| サッカー | 15:16 | comments(0) | trackbacks(1) |
セレッソ大阪vsFC東京(Jリーグ最終節)
 ああモリシ(涙)。
 FC東京は大好きで、梶山の変態FKなんか見てるとニヤニヤしてきてしまう俺ですが、実は今日、野暮用で放映開始に間に合わずテレビつけたら1−1だったところで、セレッソを応援し始めてしまいました。
 他会場の経過でガンバが勝ち越せてなくて、このままだとレッズ優勝なんてスーパーが出てたので、それを回避する手段としてセレッソを応援しちゃいました。
 西澤がホントにいい状態だったのが、却って悲しかったなあ。何でこんなにいい状態なのに、代表に呼んでもらえないんだろか。まだ30そこそこだよねえ? モリシだってまだまだやれそうだし。あのコンビは相変わらず見てて楽しいなあ。古橋ってのはどういう選手かまだよく知らんけど、少なくとも大久保が抜けた穴はすっかり埋まってるみたいね。
 さて。途中経過でガンバが勝ち越してからは、掌返したようにFC東京を応援してましたよ俺は。ヒロミもいいけど、攻撃組み立てるのが上手い監督が来たら、このチームはもっともっと上に行けるよね。最前列と2列目の人材に難はあるけど、馬場優太がもっと育って、近藤がもうちょい上手くなれば、あるいは。今野は順調に育ってるし。つーか今野、そろそろ海外に行っちゃうんでは? そのくらいのレベルにはなってるような気がする。相変わらずボール取るの巧いし。だからその今ちゃんのロスタイムのゴールには燃えましたよ。叫んだ叫んだ。カミさんが見に来ちゃいましたよ。
 今年勝たなきゃガンバはもう勝てない、そんなふうにも思っててね。だから前節で2位に落ちたときにはがっかりしたし、今日の優勝も、実は結構嬉しかった。月並みだけど、宮本の涙にももらい泣きしちゃったし。西野もキライだけど、今日は笑って見てられたし。ヤットのインタビューにも笑わせてもらったし。少しは目ェ潤ませてみりゃいいのに。5年もいるんだからさ。
 さて、後は甲府と柏の入れ替え戦だねえ。それから来年のW杯の抽選。あ、それとカズvsリバプール。
 楽しいねえサッカーって。えへへ。
| サッカー | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
シャビがっっ!!
 ネット巡回してて、とんでもないニュースに当たりました。
 バルセロナの心臓、MFシャビが右膝十字靭帯断裂で全治6ヶ月の重症を負ってしまったというのです。
 昨シーズン、リーガ開幕早々から、次々に「全治6ヶ月」で重要な選手たちが離脱したことを思い出します。マルケスの覚醒、イニエスタの急成長、デコの魔法使いとしての面目躍如のおかげで何とか事なきを得てリーガ優勝に辿り着きましたが、決して見ているほど楽な戦いではなかったはず。今シーズンはその怪我人たちが一斉に復帰してきて、ほとんど補強していないにもかかわらず戦力は間違いなくアップしたことがサポーターには何より嬉しかったのに。
 中盤を組み立てるのは、やっぱりデコとシャビのコンビネーションなんだよなあ。ファン・ボメルも怪我してるし。多分イニエスタとモッタの併用でしのぐんだろうけど。
 がんばれパイナポー。
| サッカー | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
バルセロナvsブレーメン(チャンピオンズリーグ・グループリーグ)
 ホントは昨夜のラシン戦でもレビューできればよかったんだけど、まだ見られてなくて。こないだのCLの試合も、ACミランvsフェネルバフチェとかレアルマドリーvsリヨンとかを録画してあるんだけど、見られる見込みも薄いんだよなあ。忙しすぎるんだよ実際。そういえば今週末は空前の混戦のJリーグもようやくエンディングを迎えることになるし。楽しみなんだけど、見なきゃならん的な強迫観念もあって、非常に精神的にはよろしくないですねえ。
 で、こないだのバルサvsブレーメンです。こいつは、ガウショのファンなら楽しくて仕方なかったので、あっという間に見られちゃいました。得点シーンはもちろん、あの83分の神業フェイントとか。ジダンのあれがマルセイユ・ルーレットなら、ロナウジーニョのあれはガウショ・ルーレットかな? ジダンのはボールを軸にして自分がその周りを回るけど、ロナウジーニョがやったのは、自分を軸に、右足にボールを貼り付けるようにして円弧を描いてました。エラシコもそうだけど、彼の足には吸盤がある、というか、ボールにだけ作用する磁石がついてる、というか。本人も見てる人も、本当にシアワセになれる。そういうサッカーができる彼は、まぎれもなく「天使」ですよ。
 あんな顔だけど。
 対するブレーメンは、何かひどかったなあ。ミクーの出来がひどかった。10番の差がスコアの差か。3−1だけど、ブレーメンの1点はPKだし。エスケーロがあんなにタコじゃなきゃ、あと2点は取れてたし。
 ここまで圧倒的だと、やっぱりトーナメントになった時の組み合わせが心配だなあ。変なとこに当たらなきゃいいけど。セリエAは避けたいなあ。あと、弱ってるとはいえ、チェルシーも。決勝で当たって勝つ、ってのが理想だなあ。
| サッカー | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
大宮アルディージャvsガンバ大阪(Jリーグ)
 今日は一日のんびりとしてました。
 あちこち片付けはしたけどね。PC周りは片付けようがないんで、それ以外の場所、例えばリビングに積み重なった雑誌の始末とか、クローゼットに詰め込んだまま見ないふりをしてる、最近使ってないカバンの整理とか。
 そういう日にサッカーがやっている、ってのはシアワセです。
 ただ、内容がアレだったのがちといけませんが。
 ここのところ足踏みを続けているガンバを見慣れてしまったせいか、縦横無尽に攻めまくるガンバのイメージが思い出せません。今日は大黒がいなくて(怪我だっけ?)、アラウージョとフェルナンジーニョの連携もなんかいまいち。結構手堅く守っていて見直そうとした矢先に藤本捕まえ損ねた宮本にもがっかりさせられました。仮にも代表なんだから、代表らしく、一味違うところを見せてほしかったなあ。遠藤は、今日は随所に「らしい」プレーを見せてくれてたのに。キープとか集団を抜け出すところとか、おおうまいなあ、って思わせられましたよ。大宮の選手にはそういうのはなかったけどね。藤本主税も、かつてリトル中田と呼ばれたわりには何かぱっとしないし。
 うーん。しかし連敗はやばいんじゃないかなあ。倍満が愛するセレッソはドローに持ち込まれちゃったみたいだけど、これで勝ち点で並んじゃいましたよ大阪の2チーム。得失点差でかろうじて首位のガンバ。次の試合はアラウージョを累積警告で欠いて、大黒も復帰が確実じゃないそうだし、しかも相手は千葉ときてる。
 あんなサッカーじゃ、勝ち目はないんじゃないかなあ。
 いっそのこと、セレッソに優勝してもらって(鹿島はもう小笠原もいないし今日も負けたし、ここから上がってくることもないでしょ)、ガンバにはタイトル童貞を守ってもらう、ってのも一興だなあ。
| サッカー | 22:36 | comments(1) | trackbacks(3) |
クラシコ 〜レアルマドリーvsバルサ〜(リーガ・エスパニョーラ)
 今日はクラシコ。あ、もう昨日だ。日本時間の20日早朝、リーガ・エスパニョーラの最重要カード、レアルマドリーvsバルセロナがWOWOWで生中継されてました。早朝とは言っても3時とか4時とかそういうレベルの話なので、とりあえず録画して見ましたけどね。思えば去年のユーロはこういう時間設定の試合をほとんどリアルタイムで見たんで死ぬ思いをしたんだよなあ。毎日眠くて仕事にならなかった。
 で、クラシコです。
 キレキレのメッシを使わない手はない、ということで、スタメン右FWにはメッシ。後はいつものメンツかな。デコが先発に復帰したのが朗報ですね。ファン・ボメルが怪我したのが心配だけど、まあ去年のモッタなんかよりは軽症みたいだし。そういえばモッタ、今日はベンチにも入ってなかったけど、また怪我したかな? ちょっと調べてみよっと。
 試合は、開始早々からレアルがごりごり寄せて攻めて、さすがホームゲームだと思わせたのもつかの間、前半18分にエトーがゴールをねじ込んでからはどうもバルサに押されっぱなし。サンチャゴ・ベルナベウのサポーターはエトーがボールを持つたびに凄まじいブーイングを浴びせたり、一生懸命レアルの後押しをしているんだけど、どうしてもメッシのドリブル突破をケアしきれない。後半早々からは左FWのわれらがロナウジーニョをまるで抑えきれず、ドリブルから切り込んでのゴールを2本も決められて万事休す。レアルのサポが、試合終了まで10分以上残したあたりからぞろぞろ帰り始めたのが、ホントに気の毒でした。ロナウジーニョの2点目(バルサの3点目)には拍手まで起こってたし。レアルは大恥かいて、ラウールまで怪我して、何だか泣きっ面に蜂とはこのことでしょうか。
 バルサヲタとしては、こんなに楽しいゲームはありませんでしたよ。ざまあみろってんだ。
| サッカー | 00:24 | comments(0) | trackbacks(2) |
| 1/3PAGES | >>